【1890万件】大阪安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

大阪の引越し業者の人にものを壊されてしまったら?

2016-06-08_133117_2.png
引越しをする時、引越し会社にお任せで引越しするつもりの人は引越し契約を結ぶ際の契約書の中身をよく読んでおきましょう。どうしてかというと、引越しを担当する担当者は機械ではないからです。

わたしたちと同じ人間です。ということは時には失敗することもありますし、荷物を取り落としてしまうこともあります。いくらプロであっても突然の異変で電気製品を落としてしまうことがあるかもしれません。

かつて、私も会社で失敗したことがあるのですが、いきなりお腹が痛くなり、持っていたお茶を床にぶちまけたことがあります。急な腹痛には気をつけましょう。業者の人も同じです。突如病気になってしまうかもしれない、いきなり腰痛に襲われるかもしれないということが実際にあるのです。

その時に、手を滑らせた荷物が壊れるようなものだったら、引越し業者の人はどう対応するのでしょうか?前述にあるように契約書を十分に覚えておくこと、これは万一荷物を壊された時にどんな品物が弁償の対象になるのかを確認しておくことが必要ということです。実際運ぶことができない物もあるのです。そんな品物については事情の如何を問わず弁償はないのです。契約書に印鑑を押している限り、弁償は期待できません。

でも、それ以外のもので壊れても弁償をしてもらえます。3ヶ月以内に連絡を必ずしましょう。連絡をするのは会社の窓口でもよいですが、家に見積もりに来てくれていたならその時の担当者の方に話をするのが一番スムーズです渡された名刺や契約書などは大切に保管しておいてください。
kobetete.png