【1890万件】大阪安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

大阪で小学校の転校手続きについて

2.png引っ越しが決まって、学校に通う子供がいれば転校手続きが必要となります。

この手続きは、あちらこちらへ出向かないといけませんし、書類提出もあったりと分からないことも多々あると思います。
急な引越しの場合は、住所の詳細が分からないこともあると思いますが、事前に準備しておけば円滑に手続きを進行することが出来ると思います。

こちらでは、子どもを過去に転校させたことがある管理人が、順番に手続きにまつわる注意点をまとめています。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.事情があり、転居先の住所が現在決められません。小学校の手続きはできるのでしょうか。

A.転校と言うのは止むを得ずする場合もありますので、特別OKが出る場合もあります。例は、同居人の暴力やつきまとい等の被害で転居したいが、はっきりと住所は決定できない場合です。特例が考慮されているため、すぐに相談してみましょう。
そして特認校というような小規模な学校の存在も。遠くの住まいからでも通学可能な体制となっています。

Q.小学校の転校手続きをする場合、市役所や学校、教育委員会に子供も同席させたほうがいいのでしょうか。

A.通っていた学校は保護者が連絡を取り、必要書類の提出等しましょう。いつのタイミングで、転校するかを他の児童に伝えるか等、担任と相談がされると思うので、その場に子どもがいると話づらいと思います。
新しい学校では先生側も子ども側も、お互いが見ておきたいでしょうから、同席するといいですね。ただ、子どものこと等先に伝えることがあれば担任と相談をして、別の席を設けましょう。

大阪の教育委員会
住所:大阪市北区中之島1丁目3番20号
電話:06-6208-9114

 

Q.公立小学校から私立の小学校へ転校できる?

A.できますが、通常私立の方が勉強の進み具合が早い可能性が高いです。転校後にきちんと学習状況の把握は必要になります。


急な場合は仕方ありませんが、特に区外等への転校の際は、手続き完了に何日か必要になる事が多いです。さらに両親どちらも働いている場合だと、小学校・役所での書類集めなどが休みの日にしかするのが難しく、一度にすべて終えられないなんていうこともあり、うまく進まないケースもありがちです。

引越しの7日前までに転出届を提出し、新居に住んだら二週間までに転入届、そして同時に小学校の手続きもやってしまわないとなりません。

学校道具をそろえたり、時間がいくらあっても足りない!となりそうですので、できることならば、極力小学校の夏休みなどのタイミングでする方が楽だと思います。

夏休みと春休み、冬休み中にゆとりを持って手続しながら子供の様子をよく見、ケア・フォローしていく事が大事ですね。
kobetete.png